ドライバーを楽天ポイントで購入ならコチラ♪デュアル

問屋ホンの底力を感じました。パッケージもシンプルでこれぞ上海問屋さんって感じです。大小のドライバーが二基入っているのが見えます。

こちらです!

2017年01月22日 ランキング上位商品↑

デュアル ドライバーデュアルドライバー イヤホン (912834)

詳しくはこちら b y 楽 天

Amazonならこちら

あくまで素人の耳で聴いた感想ですが。間違いなく!中国製でしょう。これについては使用するイヤーピース(付属品)によって幾らか改善可能で、聞くに堪えないようなレベルではありません。気持ちの問題でしょうが、エージングを1時間程度こなしてからの方がレスポンスがよくなったと思います。他の機種も試してみたいです。Shure SEシリーズを意識したデザインの1本です。-なによりデザインを重視して購入したのですが、これについては大満足です。ちょうどAMラジオを聞いているよう。高音はまったく出ません。レビューで紹介されたより低音は軽めでしたが、全体的に音の解像度は良かったと感じました。”量感のある低音”というと!”低音に押されて他の音域が埋もれてしまう。イヤーパッドで大きく変わりますが、ダブルフランジタイプを使えば、低音はUE900程度は出るようになりました(※UE900自体、低音は控えめですが)。低音はもちろんそこそこ鳴っていて、高音も確かにやや足りませんが苦になるほどではないです。但し驚いたのは!音量を上げても音割れがまったくしないこと。-音質は他の方のレビューを参考にし!あまり期待せずに購入したのですが!この値段なら私にとっては及第点でした。ハウジングが安めの樹脂の為、メリハリは緩めなのは値段的に仕方ないレベルですが、なれるとあまり気にならないと思います。-追記 : 音楽からピンクノイズに変えてのプラス30時間、計100時間越えのエージングでそれまでの、AMラジオと言われても仕方の無い音より、わずかではありますが高音が増しました。【遮音性】高い遮音性を有していることでも有名なShure SE215を所有していますが!遜色のない遮音性を実現できているように感じます。気軽に買えるお値段であることを考えれば!持って置いて損はない一品ではないでしょうか。普段は!UltemateEars UE900とSHURE SE315を使っています。ますますお気に入りになりそうです。手作業だと思われるはんだ付けもしっかり確認できます。中には致命的に相性が悪いものもありますが、もちろんその逆もあり、相性抜群の曲に出会ったときの爽快感は特筆すべきものがあります。ちょっとびっくり。私の中では、BEST5入りです。”ということをイメージされる方もいるかもしれませんが!音場が広く!それなりにしっかりと分離しているので!ボーカルなどもしっかり前に出てきます。私自身の耳がこのイヤホンの音に慣れただけかも知れませんが。量感のある低域と広い音場が最大の特徴で!暖色系の明るい音色が音楽を楽しく聴かせてくれます。型番もなければ!製造元!生産国もなし。これは左右の音像が分離しないためで、モノラルに近いです。24時間音楽を流しっぱなしにした後!若干全体的にすっきりした感じにはなりましたが最初の印象から大きく変わることはありませんでした。シリコーン製の薄めのイヤパッドも複数同梱されています。お値段以上だと思います。【付け心地】SHUREかけがしやすく、ケーブル根本にはワイヤが入っていてOKです。【音質】音の傾向はいわゆるドンシャリ。リード線のようなコードは予想外に絡まりません。中域だけが出ているので、テレビ観賞には向いているかもしれません。【音質】最初はスカスカ。ここまで来ると!全部試してやろうかという気分になります。音質的には及第点すら与えられませんが、この猛暑の中、汗だくで高額なイヤホンを使うのはちょっとためらわれるため、壊れて元々、というノリで使えます。【外観】届いたパッケージはなんと無地(無字)。イヤピースのゴムも!以前のモデルはもっと薄く!耳に入れるとペコペコと音がするような代物でしたが!こちらは厚みも及第点になり!装着感が増しているように感じられました。【総評】価格を考えれば立派だと思います。高域のピークが非常に低く!曲にもよりますが!声の高い女性のボーカルなどは!一語一語ほぼすべてが刺さるという有様になることもあります。しかし!こういったケースに出会うよりも!自慢の中・低域や!音場の広さが生きる曲の方が多いと思いますので!これについてはそこまで強く懸念するようなことではないかと思います。SHUREの215SPEを思わせる(色合いは少々異なりますが)!スケルトンで美しいブルー。Shureを見習ったデザインになったことや、イヤフック部分の質が改善され、Shure SE215とほとんど変わらない感覚での取り回しが可能です。若干篭り感もありますが、それもそれ程気にはなりませんでした。低音も高音も出ない音でしたので!20時間くらいエージング。解像度は1000円台のイヤホンであることを考えれば並み以上と言えると思いますが!私的には両手をあげて満足できるレベルではありません。購入直後に聞いた感じだと高音は全く出ず、中域(ボーカル、ギター辺り)だけがまともで低音がこもった感じでした。これからお出かけが楽しくなりそうです。それと、ダブルフランジイヤピースを使い、上手く耳の奥まで差し込むと中低音も良い感じです。【つけ心地】以前のモデルと比較して大変進化しています。価格が激安で!デュアルドライバーということで!おもちゃ気分で購入してみました。ピンクを購入しましたが、プラスチック製で、中もしっかりと見えます。このイヤホンはオールマイティーにどんな曲でも良く聴こえる訳ではありません。届いてすぐに聴いた際はボーカルがやや右寄りで、もしかして不良品に当たってしまったのでは…と焦りましたが、イヤピースを付け換えたり、装着位置を変えたり、頼みの綱のエージング(70時間くらい)などを行っていたら幸い真ん中になりました。解像度は低いようです。タッチノイズなども無く!かなり優れています。正直、あまり期待はしてませんでしたが・・・良い音してます。解像度が低く感じる大きな要因として、高域の再生能力が極めて低いことが挙げられます。。中・低域は良いのですが!高域は一転して悪く!低価格のドンシャリ系イヤホンによく見られるシャリシャリとした質感で!この部分に置いては1000円未満のイヤホンと同等の水準でしょう。イヤホン本体は!SHUREにそっくり。